よそ者、若者、馬鹿者が介護を変える

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」でサポートする
司法書士村瀬なおひとです

いきなりやってくるピンチ
いきなり訪れるチャンス
どうするか

 

 

頭良すぎるからだとおもうよ

 

このブログでさんざん告知していた
岡崎市議会議員選挙

 

立候補していた
毎日ブログ仲間の

 

前田麗子さん

 

いや
前田麗子先生

 

みごと当選を勝ち取りました!

 

 

ただし
私は毎晩22時には寝てるので
選挙の結果が出た午前2時には夢の中

 

なので万歳三唱できず・・・・

 

 

血が騒ぐでしょ?

 

 

応援してた人が
当選したよと母に伝えたら

 

選挙に関わって
どうだった?

血が騒ぐでしょ?

 

お前も政治家の血を
受け継いでるから
興奮しただろうって

 

 

政治家の血については
コチラ

 

            

 

関連記事

どんなに辛くても自分のことは二の次で女性は人のために生きる  あなたは政治家の孫なんだよ  私が小学校高学年のころだったかふいに私の母が言ったことがある&n[…]

 

 

選挙なんて興味ないよ
って言いながらも

 

正直
投票日前日の土曜日
雨の中で雨がっぱを着て

 

選挙ののぼりを持って
手を振っていたら

 

 

燃えてきた

 

 

天候が悪いのと
我々の無謀なチャレンジが相まって
なんか燃えたんですよね

 

 

これが
政治家の血なのかも

 

 

前田麗子さんとは
毎日ブログ仲間だし
ビジネスパートナーでもあるから

 

彼女の人生最大の挑戦を
応援したいのはもちろんだけど

 

選挙自体に
そして選挙に関わる人から
学べるものがあるし

 

 

以前、彼女に言われた言葉を
私なりに確かめたくて
選挙の手伝いをしたのもあります

 

 

頭、良すぎるからダメなんだよ

 

 

前田麗子さんのコンサル受けて
私の仕事にプラスになることを
たくさん教わってきて

 

その中でポロっと
考えるだけで実行に移せない
プランについて話したんです

 

そしたら・・・

 

麗子先生
頭、良すぎるから
ダメなんだよ

 

要は、行動に移せばいいのに
頭でっかちで自分を縛ってるから
ダメって

 

確かに私は
色んなことを考えすぎて
前に進めないことが多いけど

 

10月18日の投票日の
わずか3週間前に
市議会議員選挙の立候補決めるって

 

 

頭、良いとか
そうでないの問題じゃないよね?

 

 

でも、動くと
何かが変わるんです

 

無謀とも思えるチャレンジに
関わりたい関わらせて欲しいって
人がたくさん現れる

 

選挙に必要な
地盤、看板、カバンがなくても
選挙が闘えるって

 

行動することの大切さ
名乗りを上げることの大切さを
あらためて学んだ

 

 

自分が満足するような条件なんて
どれだけ頭使っても
どれだけ待ってみても揃いっこない

 

 

今だ!ってときに動かないと
ピンチは深刻化するし
チャンスはつかめない

 

 

1分くらい話せますか?

 

前田麗子さんの
選挙活動をサポートしている
他県の議員さんが

 

選挙のマイクで
街頭演説しませんか
って声をかけてくれたんです

 

スピーチを頼まれたら
断らない

 

が私のモットーですが
いきなり演説を頼まれたら
まあまあ困ります

 

 

でも
この毎日ブログの成果でしょうね

 

いきなり

 

をキーワードに
こんな感じの演説をしました

 

          

 

ほんの5分前に「いきなり」
スピーチを頼まれたことに
ビックリした

それ以上にビックリしたのは
投票日の3週間前に「いきなり」
立候補を前田麗子さんが決めたこと


なぜ岩倉市から
私が来て
応援演説をしてるかは
前田さんが
「いきなり」に対応できるから


みなさんは介護というと年をとって

だんだん身体が弱って必要となるもの
そう考えていませんか?


でも、介護って
「いきなり」必要になるんです

「いきなり」親が倒れて
「いきなり」要介護になる


そんな「いきなり」の状況が

分かっている前田さんが
これからの高齢化社会には必要なんです

 
脳卒中とか
骨折とかで寝たきりになり
いきなり要介護の状態になる
 
そんなときに慌てず
余裕をもって対応するには
事前に情報をつかんでおくこと
 
毎日ブログでFacebookライブで
介護についての情報を発信している
前田麗子さんが岡崎市政にいたら
 
これから「いきなり」来るであろう
家族の介護にも余裕をもって
対応できる人が増えるのではないか
 
私はそう思うんです
 
 
よそ者、若者、馬鹿者
 
 
よく、現状を変えるには
よそ者、若者、馬鹿者が必要
って言います
 
 
前田麗子さんもよそ者だから
苦しい選挙戦だったかもしれないけど
よそ者だから岡崎市のことを変えられる
 
 
私も30年以上
岩倉市に住んでますけど
いつまで経ってもよそ者
 
でも、よそ者らしく
しがらみにとらわれず
 
まだまだ若者らしく
新しいものを吸収して
 
馬鹿者らしく
誰からも笑われる
新しく斬新な発想を提供していく
 
介護に関わる端くれ者だけど
いつまでも
よそ者、若者、馬鹿者

そうありたいと思っています

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須