「不」を考えるほど好きになるのはナゼ?

LINEで送る
Pocket

考えに考えすぎて
このままだと
「好き」になるくらい

 

 

「その人」のことを考えに考えすぎて
ひょっとして「好き」なんじゃないか
そう思うくらいにいつも考えている話

 

 

70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」で元気なときから
もしもの時までサポートする

司法書士村瀬なおひとです

 

 

ひょっとしたら
好きなんじゃないか?

 

 

あの男子があの子を
好きなんだって

 

 

ありがたいことに
思春期になっても子どもが
私に学校のことを話してくれます

 

 

学校での出来事
人間関係そして
恋愛のこと

 

 

あの男子があの子を好きとか
嫌いとか青春真っ盛りの話を
してくれる

 

 

自分が中学生のときに
好きな人を思って
どうだったか覚えはないけれど

 

 

実は今
「ある人」のことを考えすぎて

好きなんじゃないかって
思ってます

 

 

 

「NJE理論ブログセミナー」で
「強みの作り方の教科書」の
板坂裕治郎先生がいつも言ってることが
あるんです

 

 

「不」の解消

 

 

お客さんは自分が抱える「不」
不安とか不満とか自分にまつわる

 

 

   不

 

 

「不」を解消するために
情報収集したり「不」を解消する
商品、サービスを購入するんだ

 

 

では
お客さんの抱える「不」とは
何なんでしょう?

 

 

まず「お客さん」ですが
私のお客さんは

 

 

70歳以上の
ひとり暮らしの女性

 

 

なので
70歳以上のひとり暮らしの女性の
抱える「不」
それを私はいつも考えているんですが

 

 

あまりに考えに考えすぎて
ひょっとして
70歳以上のひとり暮らしの女性を
好きなんじゃないか

 

 

そう思うくらいです

 

 

私の母がリアル
「70歳以上のひとり暮らしの女性」だし
お客さんの80%がその層の人だから

 

 

   不

 

 

「不」を考える
「材料」には事欠かないし
「おひとりさまの老後」も読んでるし

 

 

上野千鶴子さんの
「在宅ひとり死のススメ」については
コチラの記事で

 

          

 

関連記事

老後はおひとりさまが一番幸せ  私もゆっくり老い支度を始めつつあるそんな話  70歳以上お独り暮らしの女性を「見守り契約」で元気なときからもしもの時まで[…]

 

 

私のお客さんの「不」を考えるに
専門家が考える「不」と実際の
お客さんが抱えている「不」は大違い

 

 

例えば
相続税への不安
相続争いの不安
認知症への不安

 

 

そんなことに
お客さんは悩んでいない

 

 

専門家が想定する「不」に
悩んでいる人はまずいなくて
お客さんが抱える「不」は
もっと別のこと

 

 

お客さんのことを
お客さんの抱える「不」を
考えれば考えるほど
私の悩みは深くなります

 

 

お客さんのこと
お客さんの不安、不満、不便
それを考えれば考えるほど

 

 

悩みは深くなるけど
お客さんの姿が鮮明になるし
お客さんにより尽くそうと思うし
自分が役立てることも鮮明になる

 

 

そしてお客さんのことを
考えれば考えるほど
自分の母親に接するようにしよう
そう思うんです

 

関連記事

2時間ってけっこう苦痛  「しらさぎ」って新幹線じゃないの!? 以前、毎日ブログ仲間と名古屋から福井まで特急「しらさぎ」」で行ったとき […]

 

お客さんの「不」を考えつつも
毎日持ち込まれる
お客さんのリアルな「不」

 

 

それにほんのちょっと
翻弄されつつ

 

好きなんじゃないかって
錯覚するほど
70歳以上のひとり暮らしの女性のことを
考えています

 

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須