「イチケイのカラス」はどんな「カラス」?

LINEで送る
Pocket

「カラス」かあ
言い得て妙だなぁ

 

 

書類上で「名前」はよく見るけど
仕事では「顔」を見ることはない
そんな「カラス」の話です

 

 

70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」で元気なときから
もしもの時までサポートする

司法書士村瀬なおひとです

 

 

「カラス」って
こんな人

 

 

なおひと
やっぱいい声だなぁ

 

 

たぶん自分の声が好きって人は
なかなかいなくて
他人の声にあこがれますよね

 

 

中途半端な声色だし
「眠そう」って言われるし
私は自分の声が好きじゃない

 

 

だから
「イチケイのカラス」に出てる
竹野内豊のような低い声にあこがれます

 

 

「イチケイ」ってのは
裁判所の第1刑事部
つまり刑事事件を裁判する部署で

 

 

「カラス」は
黒い法服をまとう
裁判官のことです

 

 

司法書士は犯罪
刑事事件に関わることはないけど
民事事件なら「民事第2部」みたいな
部署名が多い気がします

 

 

刑事裁判に関わらないのと同様に
実際に裁判官と関わることも
司法書士は少ない

 

 

私が扱うことの多い
相続放棄も成年後見申立も
裁判官の顔は見えず書面に書かれた
裁判官の名前しか見えない

 

 

真っ黒で顔が見えないのも
裁判官を「カラス」って評する
理由なのかもしれませんね

 

 

          

 

このちょっと緊張している写真は
私が後見人になっていた人の相続で
東京家庭裁判所で調停をしたときのもの

 

 

司法書士は弁護士のように
家庭裁判所の代理権はないけど
成年後見人は法定代理人になれるから
司法書士であっても調停に参加できます

 

 

あの相続は調停になるまでが
大変だったけど調停になったら
あっさりしていて拍子抜けしたなぁ

 

 

 

ただこの調停でも
「カラス」はなかなか出てこない
調停に関わってくるのは調停委員といって
裁判官でも裁判所職員でもない人です

 

 

この調停委員は「空き」が出ると
裁判所から募集が出ることがあって
私の仲のいい司法書士も
調停委員をやっています

 

 

司法書士が調停委員になるには
年齢とキャリアをクリアする必要があって
私もなろうと思えば調停委員になれるけど
自分の仕事外で悩みを聴くのは大変そう

 

 

例えば相続の調停だと
調停委員が申立人、相手方の話を聴いて
妥協点を見つけて話がまとまったら
ようやく「カラス」の登場です

 

 

ただ調停に関わる裁判官は
黒い法服の「カラス」ではなく
普通にスーツを着ているから
あんまり裁判官らしくないんです

 

 

調停で「カラス」にならない理由は
調停はあくまでも話し合いでモメ事を
解決する場だから

 

 

裁判官が「カラス」姿だと
調停の当事者が緊張して
話し合いが進まないから
スーツ姿だそうです

 

 

それでも裁判所
裁判官ってだけで
メチャ緊張しますよね
緊張するなって方がムリ

 

 

 

何らかの犯罪に巻き込まれて
「カラス」のお世話になるのは
仕方ないとして

 

 

相続であれば
キチンと準備さえしておけば
「カラス」のお世話になることはない

 

 

「カラス」に会うのを
避けたい人はご相談ください

 

 

実生活で
「カラス」に会うのは避けたいけど
来週の
「イチケイのカラス」楽しみだなぁ

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須