村瀬なおひと、色を好む

色気がある
色をなす
色を好む
色にはいろいろあるけれど

 

 

自分の「色」が分かって
自分の「色」どおりの
行動ができているか

 

 

70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」で元気なときから
もしもの時までサポートする

司法書士村瀬なおひとです

 

 

「色」について考えてみたら

 

 

あの人は
「色気」がある

 

 

「色気」があると言われて
嬉しい人、嫌な人いるでしょう

 

 

女性で「色気」というと
性的なニュアンスが多分にあるけど
男性でいう「色気」って
性的というより雰囲気がある

 

 

ちょっとあいまいだけど
雰囲気のあるというのが
男性の「色気」なんじゃないか
私はそう思ってるんです

 

 

だからごくごくまれに
「色気がある」と言われると
私も雰囲気が出てきたのかって
嬉しく思うんです

 

 

いきなり「色気」がどうのって
ブログに書くと頭がおかしくなったかと
心配されるかもですが

 

 

「色」について
昨年からずっと
私は考えていたんです

 

 

「色」と言ってしまうと
色気とかそっちのほうに行くけれど
「色」をキャラクターと表現すると
しっくりくるかもしれません

 

 

主 役
脇 役
監 督
助監督

 

 

こんな4つのキャラクターの
どれに自分が当てはまるかを
いま参加している勉強会で考えてみた

 

 

主役と脇役は
舞台の上に立つ人たちで
監督、助監督は裏方さん

 

 

私の仕事のことはさておいて
私自身は、個性的でないから
主役を張って注目を浴びることは
ありえない

 

 

私が考える「主役」って
私のお客さんのことだから
お客さんに自分がどう関わってるか
それを考えたら

 

 

監 督

 

 

自分は「監督」だと思ったんです

 

 

主役であるお客さん
演者が動きやすい脚本を作って
そのとおりに動いてもらう

 

 

舞台の上で演ずる主役や脇役は
どー考えても自分じゃないよな

 

 

舞台の上でなく
舞台の下から脇から
アレコレ指示して動いてもらう

 

 

やっぱり自分は監督だなぁ
と自己評価してみたんですが・・・

 

 

脇 役

 

 

お前は
どー考えても
脇役じゃ

 

 

勉強会の講師
板坂裕治郎先生に
脇役と言われて
ちょっとガッカリしたんです

 

 

なおひと
脇役ぅ?
地味だなぁ

 

 

まさかの演者で
それも目立たない脇役って
どうせ目立たないなら監督がいいよ
そう不満だったんですが

 

 

なおひと
一緒に考えましょう
いつでもご紹介します
サポートします

 

 

脇役と聞かされた時
ふと自分のブログって
脇役っぽいこと書いてる
そう気づいたんです

 

 

ブログもそうだし
私の仕事のスタイルとして
アレコレ上から指示して
お客さんに動いてもらうのではなく

 

 

お客さんと同じ目線に立って
一緒に考え悩み喜びやっていく
そのほうが「やりがい」があるし
こんなブログも書いていました

 

          

 

関連記事

代理人じゃないから悩むんだけど代理人じゃないやりがいもある  連休前は必ずやりたくなる  昨年末とか今年の初めとかは飲み会多かったけど 緊[…]

 

 

自分の色は「脇役」なのに
「主役」のように振舞ったら
周囲の人に違和感を産み出すし

 

 

「監督」なのに演じだしても
また違和感を産み出すから
自分の「色」を知るってことは
ビジネスでも人生でもとても大事

 

 

だから自分を持って
これから「脇役」を
演じきります!

 

 

とは言うものの・・・

 

 

脇役は脇役でも
コイツは
主役を食ってやろうと

虎視眈々ねらってる
脇役じゃ!

 

 

そう裕治郎先生に言われたのも
悪い気はしないから
脇役ってイイね!

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須