私にとって「つまらない」はホメ言葉

「つまらない」はホメ言葉

 

 

面白みはまったくないけど
面白みがないから安心して
言いたいことを伝えられるんだと思う

 

 

70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」で元気なときから
もしもの時までサポートする

司法書士村瀬なおひとです

 

 

面白みなんて
全くいりません

 

 

2018年11月5日から始めた
毎日ブログですが
今日で961日目になりました

 

 

毎日朝7時から8時の間に
ブログを投稿して
10時半にFacebookでシェア
12時にTwitterにシェア

 

 

いつも同じ時間で
機械みたい

 

 

って
ブログ仲間に言われるけど
ブログは仕事だし
お店で例えるなら

 

 

いつも同じ時間に
オープンする店って
お客さんに信用されるけど

 

 

いつオープンするか
分からない店って
お客さんがつきにくいし
繁盛しないと思う

 

 

店主(書き手)の気分、都合で
オープン(投稿)の時間が変わる
そんなのあり得なくない?

 

 

って
ちょっと「ドヤ」って
偉そうなことを書きましたが

 

 

自分では
安定して投稿しているブログも
ブログ仲間からは

 

 

文章がいつも
まとまりすぎていて
つまらない

 

 

という意見を頂くことがあって
そんな意見を聞くたびに

 

 

なおひと
あなたはいつもまとまらず
文章がとっ散らかってますね

 

 

って心の中で
悪態をつきながらも

 

 

なおひと
どうしたらブログ面白いね
って言ってもらえるんだろう?

 

 


これでも
密かに悩んでいます

 

 

おそらく
私の文章がまとまってて
つまらないのは

 

 

職業病

 

 

簡潔に分かりやすく
伝わりやすい文章こそ正義
って思っているから

 

 

私の言いたいことが
ちっとも文章に入ってない!

 

 

そんな職業病のせいで
かなーり前にお客さんに
お叱りを受けたことがあったんです

 

 

ことの詳細は忘れたんですけど
損害賠償と責任追及をするために
こちらの主張を
文章にして相手方に伝える

 

 

私としては事実関係も主義主張も
簡潔で伝わりやすい文章を
作ったつもりだったけど
お客さんには物足りなかった

 

 

いかに相手方が極悪非道で
とんでもないヤツだってことを
文章で表現してほしかったみたい

 

 

でも怒りに任せて文章を作ると
かえって相手の反撃にあったり
名誉棄損で訴えられることもあるから

 

 

その辺のバランスを考えて
文章を作るのがプロだと思うんだけど
お客さんは納得してくれなかった

 

 

お客ウケ

 

 

バランスを考えずに
お客さんにウケる文章を作れば
面白いと思ってもらえるけど

 

 

こと文章に関しては
私は「つまらない男」で良い
つまらないって思ってもらった方が
プロとしてありがたい評価なんです

 

 

私のメイン業務の遺言書も
法律的な効果を持たせたい部分は
まとまっていてつまらないけれど

 

 

それ以外の部分
例えばどんな気持ちでどんな想いで
遺言書を作ったかという部分については
創意工夫を凝らして文章を作ります

 

 

何も遺産分けのことを書くだけが
遺言書じゃないんです
感謝の言葉、伝えたい想いを書くのも
遺言書であり「結言」なんです

 

 

「結言Ⓡ」については
コチラの記事で

 

          

 

関連記事

自分、今の生き方やったら死ぬときめっちゃ後悔するで  発売日当日に入手し読み進めていた 夢をかなえるゾウ4 読み終えました 遺言書を扱[…]

 

 

リアルのお前と
ブログのお前は違いすぎる

 

 

「NJE理論ブログセミナー」の
板坂裕治郎先生に2019年くらいに
こんなこと言われて
あんま納得できなかった

 

 

こんなにスラスラ
気持ちよく自分を出してるのに
「違うって何だよ!」って

 

 

でも今にして思えば
つまらない奴が無理してた
って素直に思える

 

 

つまらない奴が
自分が「つまらない」って忘れたら
何も価値ないじゃん

 

 

だからこれからも
プロとして価値のある
「つまらない文章」を作り続けて

 

 

リアルで会った時に
ほんのちょこっとでも
「面白い人」って思ってもらったら
幸せです

 

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須