司法書士の胸に刺さって抜けない「あのひと言」

LINEで送る
Pocket

誰だって
新人だったから

 

 

「あのひとこと」がなかったら
きっと今でも私はプロ意識なく
ダラダラと仕事していたと思う
そんな「あのひとこと」の話です

 

 

70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」で元気なときから
もしもの時までサポートする

司法書士村瀬なおひとです

 

 

プロですよね?

 

 

不慣れですみません

 

 

「司法書士村瀬なおひとです」って
私は名乗っているんですけど
そもそも司法書士ってどんな仕事か
知っていますか?

 

 

【司法書士とは】
他人の依頼を受けて、裁判所検察庁法務局に提出する書類を作成する仕事や、登記手続について本人を代理して行う仕事をしています。 また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件を、本人を代理して行う仕事をしています。
 
 
ググってみると司法書士について
こんな説明がありましたが
私、あんまり裁判所や
法務局に提出する書類作ってないな
 
 
珍しく法務局に提出する書類を
作ったからか、戸籍謄本が不足していて
不足分を法務局に届けたのですが
ちょっとほっこりする出来事がありました
 
 
いつもだったら1、2分
法務局の職員さんが確認したら
ОKが出るんですが今日は
5分たってもOK出ない
 
 
おまけに
 
 
不慣れですみません
 
 
って職員さんが言い出すし
奥の席に戻って上司らしき人に
確認もしだした・・・
 
 
あーそうか
新人の職員が配属されたんだ
今はそんな時期なんだって
初めてわかった
 
 
でも
法務局の職員さんに
初めて謝られたなぁ
 
 
(開業当初の面白みない名刺)
 
今は経験を積んで
法務局だろうが裁判所だろうが
ビビらずに接している私ですが
私だって新人だった
 
 
で、新人時代を思い出すと
ズキッと胸に刺さった
こんな思い出があります
 
 
新人司法書士として働き始めた当初
私の仕事は借金に苦しむ人の借金整理
それがメインの仕事でした
 
        
 
関連記事

もう18年かぁ  Twitterに流れる決意とか励ましとか見て今日が司法書士試験の日って知りました 例年なら司法書士試験は確か7月の第一週だけど今年はコロナの影響で延期し[…]

 
当時は借金整理の仕事に四苦八苦して
法務局への手続きについてはちょっと
軽く見ていた
 
 
なおひと
申請書のひな型見て
ちょちょっと書類作れば
良いでしょ
 
 
って今考えても
恥ずかしいことを考えてた
 
 

ちょちょっと書類を作った結果
書類にミスがあって法務局まで
訂正に行ったときのこと
 
 
法務局の職員さんが
開口一番
 
 
あなた
プロですよね!?
 
 
ミスをした私へ
私のプロ意識を問いただす
厳しい言葉をもらった
 
 
私が司法書士になってから
あんなに厳しい言葉を投げかけられたのは
後にも先のもあの1回だけ
 
 
30歳そこそこで
見た目にも思い上がってる若造を
叩き直してやろう
 
 
そんな気持ちだったのかも
しれません
 
 
でもあの一言の効果は絶大で
20年経った今でも忘れずに
おぼえている
 
 
あの一言からノーミスで
仕事ができています!
 
 
・・・なんてことはなくて
書類仕事にはミスは付きもので
ミスをするたびに
あの一言を思い出してる
 
 
オレはプロとしての
仕事ができているのか!
 
 
書類を作るたびに
年配の人と接するたびに
自分のプロとしての姿勢を
見つめ直しています
 
 
なおひと
あなたもプロでしょ?
 
 
って新人法務局の職員さんに
言葉もかけても良かったけど
 
 
私の子どもでもおかしくない年齢だし
法務局は司法書士にとって
いつまでも頭の上がらない存在なので
 
 
新人さんは
温かく見守っていきますよ
 
 

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須