「おひとりさま」に必要な専門家も知らない手続

LINEで送る
Pocket

えっ、知らないの?

 

3月終わりに開幕した
サッカーJリーグ
もう2ヶ月以上中断しています

 

Jリーグがやっていれば
DAZNで毎週末サッカーが楽しめるのに
今年の週末はお酒を飲んでばかり

 

新型コロナに関する
緊急事態宣言も解除され
ようやく7月からJリーグが再開される

 

その矢先、私が応援している
名古屋グランパスから
新型コロナの感染者が出てしまいました

 

数年ぶりに名古屋グランパスに復帰した
金崎夢生(かなざきむう)選手

 

しっかりトレーニングを積んで
開幕に備えてサッカーの技術に
目が向いていたのに
肝心の健康には目が行ってなかったのかも

 

ただ、どれだけ気を付けていても
どこで感染するかは分からないから
感染したからと言って責めは出来ません

 

早く回復して
再開するJリーグに間に合ってほしい
楽しい週末も再開するといいなぁ

 

お客さん
遺言書頼んだ
司法書士に聞いたら
「知らない」って

 

すでに別の司法書士のサポートで
遺言書を作られている方から
ご相談を受けて

 

死後事務委任契約書

 

という契約書を作りました

 

なおひと
大事な手続きですが
扱う専門家少ないでしょうね

 

遺言書は亡くなった後に
誰に財産を引き継がせるかを
生前に決めておく手続きで

 

死後事務委任契約は
亡くなったあとに
「して欲しいこと」を
生前に契約書にしておく手続きです

 

私が思うに死後事務委任契約って
「おひとりさま」にとっては
遺言書とセットにするもの

 

サッカー選手で言えば
サッカーの技術と健康がセット
みたいなものなんです

 

技術と健康のどちらが欠けても
サッカーができないのと同じで

 

遺言書と死後事務委任契約書も
どちらが欠けても
「おひとりさま」は安心できません

 

 

死後事務委任契約に記載される
亡くなった後のことのメインは

 

お葬式
永代供養
家の片付け

 

です。

 

私が死後事務委任契約を含めた
「見守り契約」を結んでいる90%は

 

70歳以上の独身女性

 

なんです

 

男性と比較して女性は
先々のことを考えて
「他人に迷惑をかけたくない」
という思いが強い生き物

 

身体が弱くなった時に備えて
元気なうちに介護施設を見学したり
実際に施設と契約する人もいる

 

でも、介護施設は
食事等生活のことには困らないし
「看取り」まで見てくれる施設はあるけど
亡くなった後のことまではみてくれません


なので「亡くなったあと」に備えて

私は死後事務委任契約をお勧めしていますが
もっというとこの死後事務委任契約もセット

 

委任契約+
任意後見契約+

死後事務委任契約

 

の3つの契約を
「おひとりさま」には
セットにして

 

私は「見守り契約」と言っています

 

「おひとりさま」とひとくくりにしたけど
生涯未婚の人もいれば
つれあいを亡くした人もいる

 

だから見守り契約の内容は
その人の人生、その人の希望をふまえて
「その人らしさ」を反映させています

 

なのであなたの人生
あなたの希望を聞かせてください

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須