「スマホ」が議員逮捕と浮気発覚の決め手!

LINEで送る
Pocket

こんにちは!
70歳以上お独り暮らしの女性を
「見守り契約」でサポートする
司法書士村瀬なおひとです

スマホユーザーは
他人事じゃない

 

 

昨年7月の参院選で
広島県議らにカネをばらまき

 

公職選挙法違反容疑で
東京地検に逮捕された前法相で
衆院議員の河井克行容疑者と
参院議員の河井案里容疑者

 

その逮捕の決め手は

 

スマホ

 

検察がカネのばらまきの裏取りに
大きな役割を果たしたのが
スマートフォンのアプリ

 

Googleマップでした

 

今までこういう事件で
スマホやスマホのアプリが
逮捕の決め手になったって
聞いたことなかったけど

 

今回の件で
スマホからガラケーに機種変する
国会議員多いんじゃないかな?

 

 

スマホで買収の証拠を押さえる
スマホで浮気の証拠が押さえられる

 

私、遺産分割調停や
遺言書の検認手続きの付き添いで
家庭裁判所に行くことが多くて

 

家庭裁判所の待合室で
他の人の話を聞いていると

 

スマホを見たら
嫁の浮気が分かったんです

 

スマホのギャラリーに
夫の浮気写真が!

 

そんな会話が
漏れ聞こえてきます

 

人のスマホ
恋人や連れ合いのスマホを見ても
何も良いことはありません

 

スマホのパスコードを設定して
他人に見られないようにロックするのも
浮気がどうこうではなく
ひとつのエチケットなのかなと思う

 

 

河井議員夫妻にしろ
家裁で浮気の話をしていた人も
生きているからスマホを提出させて
逮捕され、浮気も発覚したけど

 

じゃあ
スマホ持ってる人が

亡くなったら
どうやってロック外す?

 

というのが

 

プロのための
デジタル終活セミナー

 


4時限のテーマでした

 

7年以上スマホを使ってる人の7割は
スマホをロックしている。
2年未満でも5割弱

 

ロックをかけている人は
iPhoneユーザーは4人に3人
androidユーザーは2人に1人

 

こんな統計もあります

 

 

モバイル社会研究所
「SNSを利用している人ほど画面ロックや
ОS最新化を実施」より

 

 

スマホはパスワードなしで
中身を見ることが難しく
人が亡くなっても通信キャリアや
メーカーが開いてはくれません

 

パスワード解除を請け負う
データ復旧会社はあるものの

成功は保証できないし

 

なのであなたに
もしものことがあったとき

スマホが開けられるように
備えをしておこう

(開けられて困る人は
開けられないようにね)

 

 

私のようなアラフィフのほとんどが
スマホを持っていて
スマホが手放せない生活を送ってます

 

エチケットとしての
パスコードは設定してるし
私のスマホのロックを解除しないと
PayPayの残高を解約できない

 

私は、ネットバンクのアプリを
使っていないけど
そのアプリを使う人は多いし

 

今のアラフィフはすぐに
スマホを使いこなす還暦
70代になる

 

なので元気なうちに

 

スマホ終活Ⓡ

 

スマホ内のデータの
整理をしておいたほうがいいです

 

 

で、終活というと
どんな遺産があるかリストアップする
というのがメインではあるけれど

 

スマホに関しては
ロック解除が重要です

 

だって
ロック解除できなかったら
何もできないから

 

・お父さんのパスコードはこれ
・PayPay残高確認したら
 こうやったら解約できるから
・Facebookは見るなよ!
・ブログのこの記事は読んで

 

こんな感じで
メモとかノートとか
アナログで良いから
残しておくことをお勧めします

 

androidは何回パスワードを
ミスっても問題ないけど
iPhoneは10回ミスると
データが初期化する恐れがあるからね

 

スマホ終活Ⓡ
始めましょう

それではまた!

好きです司法書士

お問い合わせは
LINE公式アカウントまで

矢印

LINEからお問合せがお気軽にできます。
下記の『友だち追加』ボタンから「友だち追加」し、LINEのトーク画面からお問合せください。

LINE

ホームページはこちら

矢印 HP

メールフォームより気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
会社名
ご相談内容必須