債務整理・相続手続

返済に行き詰ってしまった借金を、債務者の収入・資産・生活状況等をもとに、返済不能なのか、あるいは返済できる範囲での返済の可能性があるのかに応じて、様々な法的手続をとることで整理し、
債務者の生活再建を目指すことを「債務整理」といいます。 過払い金=債務整理ではありません。

債務整理は、決して人生のギブアップではなく、
人生の再スタートを切るための手続きです。


再スタートをするためには次のことが大切です。
・借金を除いた家計の収入と支出のバランスをとること。
 無駄な出費がないか、
 今の収入でこの先生活していくにはどうすればいいのかを考えること
 「家計簿」の付け方についても指導いたします。
・借金の原因は明確にし、真摯に反省すること

過去のことを悔やんでも仕方ありません。
大切なのは「学び」「反省すること」「原因」を解決しないと、
ほんとの意味での解決になりません。

返済不能や多重債務に陥るきっかけや事情はひとそれぞれですが、借金の問題を解決する上でいちばんやっていけないことは、
自分ひとりでなんとかしようとすること」です。

多くの債務者のかたは、借金の返済に追われるようになると、毎月の返済のためのお金をどうするかしか考えられなくなり、自分の借金に関する正確な現状認識が困難となります。また、借金の整理に関する情報を、書籍やホームページなどの断片的な情報だけで判断することは大変危険なことであり、自分ではよかれと思ってやってしまったことのために、後から取り返しが付かなくなってしまうおそれもあります。

自分でなんとか借金を返済しようとして、返済のために借金を重ねた結果多重債務に陥るかたや、マルチ商法に手をだしてしまうかた、融資保証金詐欺やヤミ金といった犯罪被害に遭ってしまうかた、あるいは逆に、返済のためのお金を得ようとして、換金目的でクレジットカードで電化製品や新幹線チケット等の物品を購入し(取り込み詐欺)、結果として自らが犯罪行為をおこなってしまうかたなど、事態を悪化させてしまうことがほとんどです。

ですから、借金の返済に行き詰ってしまった場合には、必ず司法書士や弁護士に相談されることをお勧めします。
借金の現状認識のためには、第三者からの視点というものが欠かせませんし、
債務者それぞれの事情に応じ、借金の問題を解決するにはいかなる手続を取るべきかの正しい判断には、法律に精通した専門家からのアドバイスが大変有効であると思われるからです。